本当に迷った時

ローンは借りるかどうか悩むものです。ゆうちょ銀行ローンは比較的分かりやすいですし、窓口がしっかりしているので、そこで相談が基礎です。

 

ただ、住宅ローンなど高額なものは悩みますよね。そういう時には身内に相談という手段があります。

 

男の方はお金にそう強くないので、女性でねたみ等がない人がいいでしょう。

 

私はよく親や親族の相談、愚痴を聞きます。住宅ローンを組んだ時も母は、よく私に相談していました。何故私かと言いますと、もともと口が非常に辛い、俗に言う毒舌なのです。

 

危ないなと思った時はすっぱり「やめときな」と言いますし大丈夫そうなときは「いいんじゃないの」と言います。

 

この場合やめときなと言われてもしたいと思ったらローンを組めばいいんです。良いんじゃないのと言われて、揺らいだら止めた方がいいというだけのことです。

 

答えは自分の中にあるものです。分からないことは一緒に調べ、いざというときは前に出てくれる人がいますと、用途指定のローンは安心です。

 

また、交渉事にもいつも同伴していました。少し特殊な環境にいたため、ネゴシ、交渉は早いのです。

 

窓口の方が難しい言葉を使った時「ここの認識はどうですか」、「前回は何々様にこう伺ったと聞きましたが母の勘違いでしょうか」という塩梅で軌道修正です。

 

すぱすぱ言うので相手の方が、今までの説明では駄目だと感じ、態度が軟化したのです。

 

人を変えてみる、客観的に見る人に横断などは任せるというのも、ひとつの解決法です。

関連ページ

上手くローンと付き合うために
上手くローンと付き合うためにを紹介します。
お金を借りるということは
ゆうちょ銀行からお金を借りるということはを紹介します。
返せない時のことも考えましょう
ゆうちょ銀行ローンを返せない時のことも考えましょうを紹介します。
なりすましに注意
ゆうちょ銀行ローンのなりすましに注意を紹介します。
お金では買えない物
お金では買えない物を紹介します。