収入は大丈夫?

ローンを組み、無理なく返していくためには、現在の収入額のうち何パーセントを返済に充てることができるか考えていくことが必要です。

 

ゆうちょ銀行ローンは改正貸金業法が定めた年収の3分の1以下に融資額をとどめるという、総量規制の対象にはなりません。

 

ですがカードローンはこの30パーセント以下、住宅ローンは25パーセント以下に支払額を抑えますと返済が楽だと言われています。

 

8対1対1この比率はカード地獄と言われているアメリカのカトリック聖職者が、カード破産をした人に教えているお金の使い方です。

 

稼いだお金の1割は貯蓄し、1割は教会、人のために使う、日本人的感覚ですと、募金や、困っている人との交際費などです。

 

で、残った8割で生活していくのです。この8割には当然のことながら、ゆうちょ銀行ローン返済も入っています。全部使ってやっとというご家庭も多いかと思いますが、それではいつまでたっても借金の連鎖が止まりません。

 

自分の収入の中でやりくりする訓練も必要なのです。残りに2割と思うと、家計がタイトになり、精神的な余裕も出てきます。

 

また、自分が将来別の仕事についたとき、もしくは退職したあとどうして返済していくか、将来の収入も考えておきましょう。

 

ゆうちょ銀行ローンは幅広いサービスを行っていますので、その時その時に必要なプランのローンを払っていく収入があるか考えていくことも大きな転機となるかと思います。

 

未来のためのローンです。

関連ページ

融資条件は確認
ゆうちょ銀行ローンの融資条件は確認を紹介します。
他の借入はないですか?
ゆうちょ銀行ローンの他の借入はないですか?を紹介します。
信用情報の確認
ゆうちょ銀行ローンの信用情報の確認を紹介します。
何年ローン?
ゆうちょ銀行ローンが何年ローンかを確認するを紹介します。
ゆうちょ銀行なら安心?
ゆうちょ銀行なら安心?を紹介します。